読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

コロンのゆずりあい日記

ゆずりんコロン(*´ω`*)

「ペットショップに行かない」という選択肢。~譲渡会編1~

では、まずさいたま市を例にあげてみましょう。

 

試しに、Googleで、

さいたま市 犬 猫 譲渡会」で

検索してみましょう。

 

すると、検索結果の一番上に、

さいたま市のHPが出てきますね。

 

▼こちら

さいたま市/犬猫の譲渡

 

現在は、

譲渡猫(あたらしい飼い主を募集している猫)

の紹介が書いてあります。

 

(この記事を書いている時点では、譲渡犬はいないのでしょう。)

 

譲渡を希望されている方向けに、

条件や手続き等が書かれています。

さいたま市/犬・猫の譲渡について

 

HPにも記載されているとおり、

注意したいのが

 

「動物を飼うということの意味(命を預かることの責任)」

です。

 

犬や猫の生涯は、人間よりはずっと短いです。

 

犬であれば、

1年≒6歳(人間)年を取るようなものだそうで、

 

人間より生涯が短いとは言っても、

経験上、雑種の中型犬であれば十数年程度は生きます。

(大型犬や小型犬はもっと短いそうですが…)

 

忘れてはならないのが、

人間も動物も

「老いる」「病気になる」

「お金がかかる」

ということです。

 

たいてい、ペットショップなどで

商品として並べられているのは子犬ですよね。

 

母性本能をくすぐるような赤ちゃん」時代が、

一番「愛くるしくてお世話したくなる」からです。

 

でも、そんなかわいらしい赤ちゃんも、数か月で大人になります。

 

大きくなるぶん、餌もたくさん食べます。

病気にもなります。

加齢や、病気で、みすぼらしい見た目にもなります。

 

「それでも、

 なにがあっても最期まで面倒を見る」

 

という気持ちがないなら、

 

飼わないでください。

 

 

 倫理的なこと、経済的なことなど、

考えておかなければならないことは

いろいろあります。

 

また改めて

後述したいと思います。

 

今、さらっと読んで、

「やっぱり犬/猫 がほしい」

というかたは、

譲渡会編2へどうぞ(・∀・)!

 

つぎの記事では、

具体的な流れ について

書いていこうと思います。